Two health-related issues2018/10/16 23:16

【健康に関する話題を二つ】

■話題1
Netflixオリジナル作品『世界の”今”をダイジェスト 2018年シーズン1 ”不老不死は可能か”』に、”Cエレガンスという生物に遺伝子操作でインスリン制御遺伝子を傷つけて栄養吸収を低減した結果、寿命が二倍に延びた”という話がありました。
その解説部分を画面コピーで抜粋しました。

字幕:”食料が足りないようだ”

字幕:”慎重に細胞を守って・・”

字幕:”たんぱく質も大事に畳んでDNAを保護しよう”と

字幕:細胞がそういうモードに入ると寿命が延びるみたい

■話題2
5月のVOA記事に、断食は脳にいいという米国の大学のレポートが紹介されていました。
Fasting May Help Your Brain” @VOA Learning English May 21, 2018

食事制限がアルツハイマー病やパーキンソン病のような神経系疾患から守ってくれるとあります。
そのメカニズムはこんな感じです。

(1) 食事をすると糖分が肝臓にグリコーゲンとして蓄えられる。
(2) 蓄えたグリコーゲンを全部使いきるのに10時間から12時間が必要だ。
(3) グリコーゲンが使い尽くされた後で身体は脂肪を燃やし始める。
(4) 脂肪は燃焼されるとある化学物質に変化する。
(5) この化学物質がニューロンのエネルギー源となる。
(6) 一日に三食摂ってさらに間食したりすると肝臓のグリコーゲンを全部使いきらないので、この化学物質を作るまでに至らない。
(7) 運動でもグリコーゲンが消費されるので運動と断食は同じ効果がある.

意外でしたね。脂肪が脳のエネルギー源ですか、邪魔者扱いしてたんだけどなあ。

■総括
今日恒例のメタボ診察で、お世話になっている医師にときどき断食やるのはどうでしょうか?と尋ねたら、やらないほうがいいという話でした。
理由はいろいろと聞いたのですが、記憶力が悪くてもう思い出せません。
私の場合「話題2」にあるように断食して脂肪をもっと燃やす必要があるみたい。

本日のウォーキング:5836歩

コメント

_ エド ― 2018/10/17 11:25

断食療法は興味深いですね。私も、とある不治の病を断食で治しました。担当医師に言ったところ「そういうことがあるのは知っています。しかし、医学的裏付けがないので、医師として進めることはできません。自分の意志で続けるなら問題ありません。」とのことでした。医学の見解は日々進化しているのに「やらないほうがいい」というのは若干無責任かもしれません。

_ 管理人 ― 2018/10/18 10:37

エドさん、コメントありがとうございます。
私の主治医が言うには、下手にやらない方がいい、みたいなことでした。入院患者に食事制限した後、通常食に戻すとき細かい気づかいするそうです。いきなり通常食にはしない、重湯から食べさせる等々です。でないと、身体は混乱するような話でした。いろいろ研究してみましょう。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
〇に該当するひらがなを入力すると送信できます。海外のスパムメール対策です。
「石の上にも〇〇〇〇」

コメント:

トラックバック